保育士になるために大学や短大で知識をつけよう

人が多くなると需要が高まる

勉強

宅建や簿記、FPなど自分のステップアップや社会で役立つ資格はたくさんあります。そんな資格の中でどの職場でも重宝される資格というのが衛生管理者でしょう。この衛生管理者という資格は人の多さによって必要な資格保持者の人数が変わります。そのため、上司からいきなり衛生管理者の試験を受けてくれと言われるケースもあるようです。国家資格の1つである衛生管理者は労働者の健康や労働環境を管理するための知識を身につけているという証拠になるものです。50人以上の従業員がいる事業場では、この衛生管理者や医師、歯科医師、労働衛生コンサルタントなどの免許や資格を持っている者が最低一人以上いなくてはいけないのです。衛生管理者の資格試験では第一種と第二種の2つがあり、第一種の試験を受けて合格した人はどんな事業所でも衛生管理者として働くことができます。第二種を取得した場合は有害業務とは関連のない事業所でのみ、衛生管理者として資格を活かすことができるのです。第一種の試験の合格率は約40%前後で、第二種の試験は60%と約半数以上が合格しています。試験内容は大きく3つに分けることができ、労働衛生と関係法令、労働生理に分かれています。衛生管理者の資格を取得しておくことで社内の評価を上げることができたり、人事や総務系の仕事に転職しやすくなったり、他の資格の予備知識にすることができるでしょう。例えば、社会保険労務士という資格と同じような法律の知識を身につけるので、その難しい資格に挑む前のステップとして使うことができるのです。