保育士になるために大学や短大で知識をつけよう

ルールを教える場所

勉強する女性

小学校に入る前に多くの人が幼稚園へ子どもを通わせています。幼稚園というところは、小学校に入る前に自分の身の回りのことをできるように勉強するところなのです。そんな幼稚園で3歳から6歳までの子どもたちをみているのが幼稚園教諭です。保育士の場合は子どもたちの成長を見守ったり、たまに手助けをしてたりして保育を行なうのが目的ですが、幼稚園教諭は健康や人間関係、環境や言葉、表現の方法などいろいろなことを遊びや運動を通して子どもたちに教えなくてはいけないのです。集団生活を円滑に行なうための基本的なルールを身につけてもらうために一人一人としっかり向き合わなくてはいけません。そんな幼稚園教諭になるためには大学や短大、大学院へ通うという方法があります。大学院まで行って国家資格を取得した場合は専修という幼稚園教諭の資格を貰うことができます。大学の場合は1種、短大なら2種という風に学んだ年数で資格の呼び方が少し変わります。どの資格では業務の内容に変わりはありませんが、給与の面で多少違いが出てくるでしょう。幼稚園教諭の資格を取得したあとは、市区町村の採用試験を受けたり、各市立幼稚園の試験を受けたりすることになるでしょう。採用試験では筆記試験や面接だけでなく、音楽や特技を披露するような実技試験が加わることもあります。どんな手段で子どもたちとコミュニケーションを取ろうとしているのか、その努力を見るというところもあるようです。